オンラインカジノのポピンとは?ポピンの由来と使い方

オンラインカジノのポピンとは?ポピンの意味と由来

オンラインカジノのプレイヤーはよく「ポピン」という言葉を使います。これは一体どういう意味なのでしょうか?この記事では、「ポピン」の由来や意味、使い方について解説します。

ベラ子

オンラインカジノに慣れている人は「ポピン」をよく使います。

>【初心者用】ベラジョンカジノのやり方!ゼロから始める手順を解説

ポピンとはオンラインカジノで負けて残高がなくなること

ポピンは、オンラインカジノで負けてしまい、残高がスッカラカンになってしまったことを指します。入金した金額がなくなった自虐や、冗談のようにして使われます。

特に、TwitterやYou Tubeなど、SNSで使われることが多いです。「これを外したら、またポピンだよ」「ポピンの度に入金が面倒くさいから、一気に○万入金しておいた」などと使われています。

「ポピン」はこのように使われています。印象としては、大人の遊びの一つとしてオンラインカジノを楽しんでいる方達が使っているような、余裕さえ感じられますね。

ポピンの由来は「オンラインカジノの残高不足のときに鳴る音」

「ポピン」は。とある擬音語が由来です。擬音語とは、爆発を「ドカン」と表現したり、ドアを閉める音を「バン」と表現するような言葉で、何かの音を人間がそれらしく表現したものです。

オンラインカジノをプレイしていると、この「ポピン」によく似た音が鳴ることがあります

ポピンはどんな時になる音?

オンラインカジノで「ポピン」と音が鳴るのは、残高不足で次のベットが出来なくなった時です。

最低ベット数に満たない残高しか残っていない状態でゲームに参加しようとすると、多くのカジノでは、残高不足を告げるポップアップと共に「ポピン」という音が鳴ります。

残高不足でポピン

ようは残高不足を知らせてくれているアラームですが、そこから転じて、オンラインカジノのゲームに負けて「残高が無くなった」ことを「ポピン」と表現しているのです。

オンラインカジノによっては別の音が鳴る場合もありますが、ペラジョンカジノを始めとする有名オンラインカジノの多くでこの音が鳴るため、「残高不足」の代名詞として使われている言葉となっています。

ちなみに、色々なサイトで同様の音が鳴ることが多いのは、違うカジノから乗り換えた際にも違和感なくプレイできるようにと考えられているという噂があります。

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

オンラインカジノ以外で「ポピン」は使われる?

「ポピン」はオンラインカジノ以外でも使われることがあります。その時の意味も同様に、残高が無くなったという解釈と考えて間違いありません。

オンラインカジノの残高不足

実際にお金を賭けて楽しむカジノゲームではなく、あくまでゲームとしてプレイするオンラインゲームで残高が無くなった際にも使うことがあります。

時には、リアルの世界で何かを買った為にお金が無くなったという場合に「もうすっかりポピンだよ」のようにも使います。

ですが、ゲーム内ではともかくリアルでこの言葉を使うと、分かる人にはオンラインカジノをプレイしていると思われてしまう可能性があるので、あまり使わない方がいいかも知れません。

参考⇒ベラジョンカジノは賭博罪にあたる?賭博罪に抵触して摘発された事例

尚、「ポピン」が一般的な表現ですが、人によっては「コキン」と聞こえるとして、そちらを使っている場合もあります。ただし、SNSや掲示板で発言する際には「ポピン」でないと通じないことも多いので、「ポピン」で統一した方がいいでしょう。

オンラインカジノのポピンとは? ポピンの由来と使い方 まとめ

オンラインカジノにおける「ポピン」は、残高が無くなった時に「ポピン」となる音から、「残高不足」の意味で使われています

いわゆる業界用語の一つですので、オンラインカジノ以外で「ポピン」を使うと、それなりにカジノサイトに慣れている人だと思われることでしょう。

コメントを残す

コメントを書く

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く