オンラインカジノの銀行振込を徹底解説!入出金完全ガイド

オンラインカジノの銀行振込を徹底解説!入出金完全ガイド

この記事では、手軽で手数料も抑えられるオンラインカジノの入出金方法「銀行振込」について、解説しています。

ベラ子

決済完了までのステップが少なく、かつ手数料も安いので、積極的に利用して損はありません。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

>オンラインカジノの入金方法一覧!おすすめの入金方法も紹介

オンラインカジノに銀行振込で入金する方法

オンラインカジノに銀行振込で入金する手順はこちらです。

それぞれ詳しく説明していきます。

入金手順①自分の銀行に対応しているオンラインカジノを選択

自分の銀行に対応しているオンラインカジノを選択

銀行振込に対応しているオンラインカジノでも、全ての銀行に対応しているとは限りません。オンラインカジノによっては、対応銀行が限られています。

例えば「ベラジョンカジノ」というオンラインカジノでは、銀行振込入金に対応している銀行は「メガバンクを中心に12行の銀行」で、出金に対応しているのは「国内のほぼ全ての銀行」といった具合です。

関連⇒ベラジョンカジノに銀行振込で入金する方法!銀行口座から直接入金できる

どうしても銀行振込でオンラインカジノに入金したい場合は、自分が持っている銀行口座に対応したオンラインカジノを選択するか、対応の銀行口座を開設する必要があります。

関連⇒銀行振込で入出金できるオンラインカジノおすすめ10選【2021年最新】

入金手順②オンラインカジノに本人確認書類を提出

オンラインカジノに本人確認書類を提出

オンラインカジノに本人確認書類と住所確認書類を提出する必要があります。大まかな手順は、下記の通りです。

  1. スマホで書類を撮影(表・裏があるものは両面撮影)
  2. サポート運営にメールやライブチャットで書類送付
    or オンラインカジノ上で書類をアップロード
  3. 約2~4日間の審査期間あり
  4. 本人確認完了

住所確認書類は、発行から3ヵ月以内のものを提出する必要がある場合がほとんどです。また、稀に条件付きで本人確認書類の提出が不要なオンラインカジノもあります。

本人確認、住所確認は下記の例を参考にしてみてください。

本人確認書類の例

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証
  • マイナンバーカード

住所確認書類の例

  • 住民票
  • 水道/電気/スマホなどの料金請求書
  • クレジットカードの使用明細書

提出するデータがうまく撮影できていなかったりすると、承認までに時間がかかってしまいます。注意して提出してください。

関連⇒本人確認不要のオンラインカジノおすすめ4選【2021年最新】

入金手順③オンラインカジノに銀行振込で入金する

オンラインカジノに銀行振込で入金する

オンラインカジノに銀行振込で入金する手順は、下記の通りです。

  1. オンラインカジノにログイン
  2. 「入金する」を選択
  3. 入金方法で「銀行振込」を選択
  4. 利用する銀行口座を選択
  5. 入金額を入力
  6. 銀行口座の情報を入力
  7. 入金申請完了

銀行振込入金の入金反映時間はオンラインカジノにより異なりますが、即時~翌営業日までには入金反映されます。アカウント内で、入金額が反映されているか確認しておきましょう。

オンラインカジノから銀行振込で出金する方法

オンラインカジノから銀行振込で出金する手順は「オンラインカジノから銀行口座へ振り込むだけ」なので、ワンステップで完了します。

出金手順①オンラインカジノから銀行口座へ出金する

オンラインカジノから銀行口座へ出金する手順は、下記の通りです。

  1. オンラインカジノにログイン
  2. 「出金する」を選択
  3. 出金方法から「銀行送金」を選択
  4. 出金額を入力
  5. 銀行名・口座名義人・口座番号・支店名・支店番号・支店住所を入力
  6. 「出金する」をクリック
  7. 出金申請完了

なお、本人確認書類が済んでいないと出金申請できませんので、事前に本人確認の手続きを完了させておきましょう。

銀行振込の出金には国内送金と国際送金がある

銀行振込には「国内送金」と「国際送金」の2種類が存在します。違いは、国内の口座同士の送金になるか、海外の口座からの送金になるかです。圧倒的に、国内送金にメリットがあります。

項目国内送金国際送金
送金スピード約1~3営業日約7~10営業日
手数料1,000円前後1,000~3,000円前後
SWIFTコード必要なし必要あり
銀行からの連絡ほぼなし頻度高い

「国内送金」のオンラインカジノがおすすめ

結論からお伝えすると、銀行振込は圧倒的に「国内送金」がおすすめです。送金スピード・手数料・手間など、あらゆる面で国内送金の方が優秀です。

元々国際送金を採用していたオンラインカジノも、デメリットの多さから、国内送金に切り替えるケースがみられます。

関連⇒国内銀行送金で入出金されるオンラインカジノおすすめ16選【2021年最新】

「国際送金」のオンラインカジノは避けるべき

国際送金の場合、決済スピードが遅い

国際送金を採用しているオンラインカジノで銀行振込をするのは、なるべく避けた方が良いでしょう。理由は4つあります。

各々の理由を解説していきます。

国際送金は着金手数料が別途かかる場合がある

国際送金は海外金融機関からの送金のため、国内銀行側で着金手数料(被仕向送金手数料)がかかることがあります。

国内銀行によって金額は異なり、三井住友銀行であれば1,500円、ゆうちょ銀行であれば無料、といった具合に差があります。出金前に金額を確認しておかないと、想定よりも勝利金が減ってしまうので注意しましょう。

国際送金は銀行から問合せの電話が来る可能性あり

海外へ送金する国際送金の場合、国内の銀行から「どこから、何のための送金なのか?」といった問合せが来ることがあります。資金洗浄などの不正なマネーロンダリングが行われていないか、疑われているのです。

オンラインカジノの勝利金、と正直に答えると送金停止になるリスクもあります。「インターネット広告の報酬です」や「オンラインゲームの賞金です」と回答するのが常套手段とされています。

国際送金はSWIFTコードがないと出金できない

国際送金の場合、SWIFTコードと呼ばれる国際取引用の8桁か11桁の、数字とアルファベットのコートが必要となる場合があります。

国際送金が行える銀行であればSWIFTコードがありますが、国内送金にのみ対応している銀行ではSWIFTコードが存在しないため、出金できません

国内送金のオンラインカジノを利用するか、別の銀行口座を利用するほかありません。

Q:SWIFTコード(BIC)とは何ですか?SWIFTコードを調べたい。
A:世界の主要金融機関が加盟する通信ネットワーク・SWIFT(スイフト)が、ネットワーク加盟各行に割り当てた銀行・支店識別用コードです。SWIFTコードまたはBIC(ビック)と呼ばれます。8桁または11桁のアルファベットと数字で構成されています。
りそな銀行 RESONA SMART STORE

国際送金の場合、出金スピードが遅い

銀行振込は、他の電子決済サービスによる出金手段よりも、出金に時間がかかる傾向にあります。オンラインカジノ側と国内銀行側、双方の営業時間にしか送金処理がされないのも理由のひとつです。

特に、正月休み・GW休みなどの大型連休では、出金申請がうまく噛み合わないと、出金に10日以上かかる可能性があります。

関連⇒出金が早いオンラインカジノおすすめ18選【2021年最新】

銀行振込のメリット

銀行振込のメリットについて、大きくわけて2つあります。

2つのメリットを紹介します。

アカウント登録などの手間がかからない

銀行振込は、銀行口座さえ用意すれば行えるので手間がかかりません。入金にも出金にも銀行振込に対応しているオンラインカジノであれば、銀行口座ひとつで全決済が完結します。

銀行口座を持っていない人はほぼいないでしょうから、誰でも気軽にオンラインカジノでプレイできるのは大きなメリットです。

入金・出金にかかる手数料が低め

手軽さに加えて、入出金の手数料が低い点も魅力です。他の入金手段と比べても、最も手数料が安くなる入出金方法です。電子決済サービスのように、口座に入金する際の手数料も必要ありません。

ベラジョンカジノであれば、入金手数料は無料・出金手数料は1.5%になります。「手数料を節約したい」と考えている人にも、銀行送金による入出金はおすすめです。

銀行振込の注意点

銀行振込の注意点は下記の4点です。

詳しく説明します。

銀行振込対応のオンラインカジノが少ない

銀行振込対応のオンラインカジノが少ない

決済手段として、銀行振込に対応しているオンラインカジノは少ないのが現状です。オンラインカジノ側が銀行振込の入出金に対応しているか、事前に確認しておく必要があります。

銀行振込に対応していない銀行がある

利用している銀行側で、オンラインカジノの入出金を制限している場合があります。過去に楽天銀行から振込をしようとしたら、「オンラインカジノでは利用しないように」と銀行側から指摘されたケースがありました。

これは銀行送金だから拒否される、ということではないようです。電子決済サービスの「ヴィーナスポイント」の入出金で、楽天銀行の利用が拒否されるケースも発生しています。

入出金方法に限らず、銀行側から突如制限される可能性があると心に留めておきましょう。

入金・出金どちらか片方しか利用できないこともある

オンラインカジノ側で、銀行振込で入金・出金どちらにも対応している場合もあります。しかし入金のみ対応・出金のみ対応と、片方しか対応していない場合もあります。

入金のみ銀行振込に対応している場合は、出金時にいずれかの電子決済サービスに登録して、出金する必要があります。

一方で、出金のみ銀行振込に対応している場合は、入金時にはクレジットカードやデビットカードで入金しないと、出金時に銀行振込を選択できません。

出金には、最低でも1~2営業日かかる

銀行送金による出金は、出金申請から最低でも1~2営業日以上、平均で2~3営業日かかるケースがほとんどです。他の出金方法と比べると、銀行送金の出金スピードは比較的遅いことがデメリットです。

銀行振込の手数料

銀行振込で発生する手数料について解説します。

銀行振込入金時の手数料

銀行振込入金時に発生する手数料は、下記の通りです。

  • オンラインカジノ側への入金手数:オンラインカジノにより異なる(大半が、無料)
  • 振込手数料:数百円
  • 為替手数料【日本円からUSドルやユーロ】:決済会社の独自レートを反映

基本的にはオンラインカジノや、決済が会社によって異なるので、確認が必要です。

銀行振込出金時の手数料

銀行振込出金時に発生する手数料は、下記の通りです。

国内送金の場合

  • 出金手数料:オンラインカジノにより変動(無料~1.5%程度)
  • 為替手数料【USドルやユーロから日本円】:決済会社の独自レートを反映

国際送金の場合

  • 出金手数料:オンラインカジノにより変動(無料~1.5%程度)
  • 為替手数料【USドルやユーロから日本円】:決済会社の独自レートを反映
  • 着金手数料【被仕向送金手数料】:銀行により変動(無料~2,500円程度)

出金に関する手数料も、オンラインカジノや決済会社、銀行によって異なります。出勤前にしっかりと確認しましょう。

銀行振込の限度額

銀行振込の入金限度額・出金限度額について解説します。

銀行振込の入金限度額

銀行振込の入金限度額は、オンラインカジノによって変動します。$5,000~$10,000(日本円で約50万円~100万円)を入金限度額としているオンラインカジノが多いです。

関連⇒入金上限額が高いオンラインカジノおすすめ12選【2021年最新】

銀行振込の出金限度額

銀行振込の出金限度額も、オンラインカジノによって変動します。$5,000~$10,000(日本円で約50万円~100万円)を出金限度額としているオンラインカジノが多いです。

関連⇒出金限度額が高いオンラインカジノおすすめ9選【2021年最新】

銀行振込は危険?安全性について

銀行振込の危険性と安全性について、以下の2点から考察していきます。

銀行振込は安全性が高い理由を説明します。

銀行口座は銀行に厳重に管理されている

銀行口座は銀行に厳重に管理されている

銀行振込では、様々なセキュリティ対策のおかげで安全に利用できます。セキュリティ面での唯一の懸念があるとすると、キャッシュカードと暗証番号の管理が不十分な場合です。

逆に、キャッシュカードと暗証番号さえきちんと管理できていれば、オンライン上で不正にアクセスされて盗まれるようなケースは考えられません。

アカウントの乗っ取りのリスクが少ない

アカウントの乗っ取りのリスクが少ない

「銀行送金を行うことで、銀行口座のアカウントが乗っ取られてしまうのでは?」と考える人もいるかもしれません。結論からお伝えすると、銀行送金をしたことが理由で銀行口座を乗っ取られる可能性はありません

銀行口座のハッキングの可能性があるとすれば、パソコンがコンピュータウィルス(マルウェア)に感染してしまった場合です。感染すると被害者のブラウザが遠隔操作されて、不正送金されてしまう可能性があります。

ハッキングのリスクは、オンラインカジノでの利用に限ったことではなく、インターネットを利用する上で存在するものです。パソコン側のセキュリティ対策をしっかりした上で、インターネットを利用しましょう。

この記事のまとめ

コメントを残す

コメントを書く

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く