ベラジョンカジノで「回収モードかも?と」感じる前兆5つ!ただし、ベラジョンカジノの回収モードはない!

ベラジョンカジノで「回収モードかも?」と感じる5つの前兆

ベラジョンカジノで遊んでいると、負けが続くことがあり「回収モードかも?」と思うことがあります。この記事では、ベラジョンカジノで「回収モードかも?」と勘ぐってしまう前兆5つについてまとめています。

ベラ子

結論として、ベラジョンカジノに回収モードは存在しません。記事の後半では、その根拠についても解説しているので是非参考にしてみてくださいね。

>ベラジョンカジノは勝てない!?勝てない理由はイカサマ!?

ベラジョンカジノで「回収モードかも?」と感じる前兆5つ!

カジノで「回収モードかも?」と感じる前兆5つ!

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで「回収モードかも?」と感じる前兆5つは、下記の通りです。

オンラインカジノで遊んだことのあるプレイヤーならば、一度は経験したことがあると思いますが、ひとつずつ見ていきましょう。

関連⇒ベラジョンカジノで大負けする人の5つの共通点!大負け体験談も掲載

回収モードの前兆①勝率50%のゲームなのに連敗する

勝率50%の確率で当たるはずなのに、何連敗もしているケースです。例えば、ルーレットの赤黒賭けで「ずっと赤に賭けているのに、5連敗した」というように、勝率が偏りすぎているのを前兆と感じるケースです。

連勝中は気にもなりませんが、負けた時はイカサマを疑ってしまいます。しかし、10回、20回といった少ない試行回数では確率は収束しません。プレイするほど勝率は50%に近づきます。

なお、50%の確率で同じ結果が5回連続で出る確率は1/32とかなり現実的で、10回連続で出る確率は1/1024。10回連続はなかなか出ませんが、毎日10回ベットしていたら3年に1回は出る確率です。

明日出るかもしれないし、10年経っても出ないかもしれません。確率とは、そういうものです。

回収モードの前兆②スロットゲームでいつまで経ってもフリースピンにならない

スロットで、いつまで経ってもフリースピンにならず、ベットばかりを続けているうちに、回収モードの前兆を疑う人もいます。パチンコやパチスロをしている方の中には、同様の経験があるかもしれませんね。

スロットのフリースピンは出現確率が決まっているので、なかなか出現しないことも起こります。フリースピンを引いたとしてもあっさり終了することもあります。

逆にすぐにフリースピンを引いて爆発する可能性もありますが、これも確率なので偏ります。記事の後半で解説していますが、スロットのフリースピンの出現確率は、RNG(乱数発生器)によって決定されています。

第三者機関による監査を通ったゲームのため、ベラジョンカジノ側ではイカサマはできません

回収モードの前兆③これまで勝っていたのに急に負けが続き始めた

これまで順調に勝っていたのに、急に負けが続き始めてしまったという場合には、回収モードの前兆を感じるかもしれません。

特に大きく賭けたときには負けて、小さく賭けたときには勝つという状況が繰り返されると、回収モードの前兆に感じられるかもしれません。

「ギャンブルには流れがある」と聞きますが、これも統計学・確率論に基づけば、確率の偏りです。不調になると「流れが悪くなった」と感じたり、うまくいかないと「回収モードの前兆か?」と思ってしまいます

回収モードの前兆④ライブカジノでディーラーが怪しい動きをしている

ライブカジノでディーラーが怪しい動きをしている

ディーラーがゲームの進行役を務めるライブカジノでは、「ディーラーがイカサマをしているのでは?」と疑われるケースもあります。うまくいかない結果が続くのは「ディーラーが悪いんだ」と思いこむのも前兆です。

また、オンラインカジノには様々な噂があります。例えば「ルーレットには強力な磁石が付いていて結果を操作できる」「関係者が結果を調整している」といったものです。

ディーラーがいつもと違った動きをすると、「回収モード」の前兆を疑ってしまいます。実際に、ホイール盤に細工を施して結果を操作できるようにしたルーレットは存在するので、なおさら疑う気持ちは強くなります。

オンラインカジノでボールが磁力により特定のポケットに吸い寄せられている疑惑画像

しかし、細工したルーレットは、あまりに挙動が不自然なので、利用した場合には100%バレてしまいます。また、オンラインカジノのディーラーは、常にプレイヤーに監視されている状態なので、不正はできません。

またライブカジノは複数のプレイヤーが同時に参加しているため、特定のプレイヤーだけが負けるよう仕向けることにメリットがありません。

関連⇒ライブカジノはイカサマされてる?オンラインカジノでイカサマが行われているか調査!

回収モードの前兆⑤ペイアウト率の高いゲームをしているのに負ける

ペイアウト率の高いゲームでも負け続けるという状況も、回収モードの前兆を疑います。例えば、スロットでも97%程のペイアウト率の機種もありますし、ブラックジャックは98%以上もペイアウト率があります。

しかしどのゲームのペイアウト率も100%は超えません。つまり、最終的にカジノ側が儲かる設定になっています。そのため、どれだけ高ペイアウト率を誇るスロットやテーブルゲームをプレイしても、常勝できません。

さらにプレイした結果がペイアウト率通りになるのは、何十万回・何百万回も試行回数を重ねて数値に近づきます。ハイリスクハイリターンのボラティリティの高いスロットの場合には特に、結果は大きくブレるでしょう。

ベラジョンカジノの「回収モード」とは?

ベラジョンカジノの「回収モード」とは、「プレイヤーが勝てないように結果が操作されている状態」を指します。思い通りの結果が得られない状況が長引いた時に、回収モードが疑われます。

実際にパチンコ・パチスロホールでは、釘や設定を調整して、プレイヤー側が負けやすくホール側が勝ちやすい状況を作れます。そういったホール側の利益を優先する期間のことを「回収モード」と呼びます。

パチンコ業界の“2020年問題”を乗り切れないと判断した経営者たちは、ホールの責任者に「出玉を絞って、今のうちにできるだけ回収しろ」との指示を出しているという。

引用元:ニコニコニュース:「出玉を絞れ、回収だ!」パチンコ業界“2020年問題”余波

これになぞらえて、「オンラインカジノにも回収モードが存在するはず」という前提で、Twitterや5ちゃんねるなどで話題になることがあるのです。

ベラジョンカジノに「回収モード」は存在しない

ここまで、回収モードの前兆について紹介しましたが、実はベラジョンカジノに回収モードは存在しません。その理由は6つあります。

1つずつ理由を解説していきます。

理由①提供ゲームには「RNG」が搭載されているから

ソフトウェアルーレットではRNGが稼働している

RNGとは、Random Number Generatorの略称で「ランダム」に「数字」が「発生する機械」という意味合いです。

ベラジョンカジノでプレイできるゲームは、結果がランダムになるように「RNG」が採用されています。ガチャの確率や、RPGで変動するダメージ量など、ランダムで結果が変わる要素はRNGにて発生しています。

またオンラインカジノのゲームの場合、開発しているゲームプロバイダーも、オンラインカジノ運営と同じようにライセンスを取得しています。不正に確率を操作する機能は組み込めないようになっています。

そのためプレイヤーやベラジョンカジノ側で、結果を操作することはできません。

公平なゲームを保証するため、当社の製品は、名前の通り、無作為の番号を生成する、Random Number Generator (RNG) を使用しています。これにより、当社またはお客様による操作がまったくないことが保証されています。
当社では、このようにしてお客様に公平なゲームを提供し、厳格な国際規格に準拠しております。
ベラジョンカジノ セキュリティ

関連⇒オンラインカジノのRNGとは?

理由②カジノゲームは第三者機関によって監査されているから

カジノゲームを提供するゲームプロバイダーは、第三者機関による監査を受けてゲームを提供しています。そのためライセンスを取得できたゲームプロバイダーのみが、オンラインカジノにゲームを提供できます。

第三者機関は、「安全・公正・健全」が存在しているかどうかを監査しています。オンラインカジノ側に不当な利益が出るように設定されたゲームは、「安全・公平・健全」には該当しません。

関連⇒オンラインカジノの運営の仕組み

そのため違法なプログラムは、必ず弾かれる仕組みになっています。また、ベラジョンカジノ自体も同様に、中立の立場である第三者機関によって監査されています。

つまりベラジョンカジノとゲームプロバイダーをそれぞれ別々に第三者機関が監査しています。カジノ運営とゲームプロバイダーが不正できない環境が整っているので、回収モードの搭載も不可能です。

関連⇒オンラインカジノのライセンスを徹底解説!発行国ごとの信頼性比較

理由③海外政府発行のカジノ運営ライセンスを取得しているから

キュラソーライセンス海外政府発行のカジノ運営ライセンスを取得しているから

ベラジョンカジノは、元々カジノ運営ライセンスの中でも最も厳しい「マルタライセンス」を取得していました。現在は、仮想通貨での決済に対応するべく「キュラソーライセンス」を取得しています。

どちらのライセンスも取得できるほど、ベラジョンカジノの運営は健全です。カジノ運営ライセンスは、政府が発行するため、国の信用度にも関わってきます。

もしベラジョンカジノが「回収モード」などの不正をしている事が発覚した場合、ライセンスの価値が一気に急落し、「キュラソーが発行するライセンスは信用できない」としてプレイヤーが離れていくことでしょう。

そのため「運営者の確認」「運営企業の経歴」「顧客データの管理」「定期的な第三者機関によるチェック」など、厳しく審査されます。この審査をかいくぐって「回収モード」を採用することはできないと考えられます。

理由④ベラジョンカジノの人気と信頼を犠牲にするメリットがないから

ベラジョンカジノの人気と信頼を犠牲にするメリットがないから

ベラジョンカジノは、オンラインカジノの中でも特に日本人に圧倒的な支持を得ています。近年ではテレビやラジオでも積極的にプロモーションを打ち出しており、徐々に認知されつつあると言えます。

もし、ベラジョンカジノが回収モードのような、プレイヤーが不利な状況に追いやる機能を採用していたことが発覚した場合、積み上げてきた人気は失墜し、二度と信頼を取り戻せないでしょう。

ベラジョンカジノが長年かけて築き上げてきた人気と信頼を捨ててまで、回収モードを利用するメリットは考えられません。

逆に、人気と信頼がダントツだからこそ、利益回収に走らないプレイヤーファーストの運営が求められていると言っても良いでしょう。

理由⑤「回収モード」が無くとも、カジノは利益が出るから

オンラインカジノは回収モードが無くても利益が出ます。オンラインカジノのペイアウト率は約95%のため、10,000円をベラジョンカジノに投資した場合、500円分がベラジョンカジノの利益になります。

ひとつひとつのゲームの結果を見ると、プレイヤー個人がびっくりするほどの勝利金を獲得することもありますが、その分負けるプレイヤーも存在します。長期的に見ると、ベラジョンカジノ側がマイナスにはなりません。

さらに、オンラインカジノの運営費用は、パチンコや競馬と違って、機械の点検・整備や施設の清掃費用が含まれません。主にサイト運営費用と、従業員の給料だけで運営できるため、回収モードも必要ありません。

理由⑥実際に大勝ち報告をしているプレイヤーが多数存在するから

実際に大勝ち報告をしているプレイヤーが多数存在するから

Twitterや5ちゃんねるなどでは、ベラジョンカジノで大勝ちをした報告が日々報告されています。数十万円単位から、なんと1,000万円近くの大勝ち報告まで多数見つけられました。

当然負けているプレイヤーも存在しますが、実際に勝って収支がプラスのプレイヤーは一定数存在しているのです。カジノゲームはギャンブルなので勝つプレイヤーもいれば、負けるプレイヤーもいるということです。

2 COMMENTS

匿名

同じゲームでもオンカジサイトでペイアウト率違ったりするから確率操作してるぞ

返信する
オンカジ管理人

確かに各オンラインカジノでスロットのペイアウト率が異なりますね。
確率操作を公表しているのでインチキな操作とは違いますね。
どちらか言えば、パチンコ店でも機種ごとに出やすい機種を変更しているようなイメージです。

返信する

コメントを残す

コメントを書く

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く